【成果公開】SCIS-ISIS 2012 にて企画セッション “Monitoring and Knowledge Acquisition for Safety Intelligence” を開催

The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems & The 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (オーガナイズド・セッション)

  • 開催日: 2012年11月20-24日 (神戸,ポートピアホテル)
  • テーマ:Monitoring and Knowledge Acquisition for Safety Intelligence
  • オーガナイザ: 高橋亨輔,中津功一朗,堀 雅洋

発表論文

  • “Automatic Detection of Bicycle Direction Using RealAdaBoost and C4.5.”
    H. Nakata and M. Hirokane
  • “A mobile application system for sightseeing guidance using augmented reality.”
    H. Furuta, K. Takahashi, K. Nakatsu, K. Ishibashi, and M. Aira
  • “Evaluation and Visualizaton of Evacuees’ Walking Difficulty in Disasters.”
    I. Hayashi, Y. Jiang, and S. Wang
  • “A Proposal of Civil Engineer Education System Applying Social Networking Service.”
    H. Furuta, K. Takahashi, K. Ishibashi, M. Usui, and K. Nakatsu

【成果公開】第28回ファジィシステムシンポジウムにおいて「安全知の視覚化」に関する企画セッションを開催

第28回ファジィシステムシンポジウム(オーガナイズド・セッション)

  • 開催日: 2012年9月13-14日(愛知,名古屋工業大学)
  • テーマ: 安全知の視覚化
  • オーガナイザ: 広兼道幸,田中孝治(関西大学)

発表論文

セッションTN2: 安全知の視覚化1

  • 「建設業の墜落災害要因視覚化のための労働災害データベース分析」 大幢勝利,北條哲男
  • 「拡張現実を用いた建設現場における安全教育支援システムの構築」 田邊隼一,広兼道幸,大幢勝利
  • 「振動モード形状のフラクタル次元解析に基づくBaseline-free型構造損傷同定」 野村泰稔,古田 均,日下貴之,吉田和世

セッションFF1: 安全知の視覚化2

  • 「メタヒューリスティクス手法を用いた構造物の信頼性解析手法の提案」 古田 均,中津功一朗,石橋 健,高橋亨輔,内田昌宏
  • 「ID3を用いた複合特徴選択のパターン認識に対する有用性の検証」 中津功一郎,古田 均,高橋亨輔,石橋 健,矢須田成貴
  • 「時空間GISデータへの3方向データ分析のこころみ -酒類販売に関する安全評価-」 辻 光宏,影山 大,堀之内公亮,下川敏雄,田中成典
  • 「分割時系列型特異値解析を用いた歩行困難の評価」 姜 銀来,林 勲,王 碩玉

セッションFF2: 安全知の視覚化3

  • 「洪水ハザードマップのデザインに関する認知心理学的検討(2) ―凡例デザインの検討―」 田中孝治, 堀 雅洋
  • 「意義展開ネットワークに基づく洪水ハザードマップにおける説明表現生成に関する検討」 北川悠一,堀 雅洋
  • 「避難シミュレーションによる洪水防災対策の有効性の評価」 戸松純一,広兼道幸

セッションFF3: 安全知の視覚化4

  • 「拡張現実を用いた集中豪雨擬似体験システムの開発と評価」 辻原 涼,広兼道幸,戸松純一,徳井亮輔
  • 「E-Learningにおける動画視聴支援システムの提案」 古田 均,高橋亨輔,中津功一朗,臼井理登,石橋 健

〔その他,プロジェクト外からの発表3件〕

【成果公開】IABMAS 2012 にてミニシンポジウム “Research & Applications in Bridge Health Monitoring” を開催

The Sixth International Conference on Bridge Maintenance, Safety and Management (ミニシンポジウム)

  • 開催日: 2012年7月10-11日 (イタリア,ストレーザ,Rigina Palace Hotel)
  • テーマ:Research & Applications in Bridge Health Monitoring
  • オーガナイザ: F. N. Catbas, J.R. Casas, 古田 均, and D.M. Frangopol

発表論文

  • “Implementation of Robust Regression Algorithm (RRA) to detect structural change using Fiber Bragg Grating (FBG) data.” F.N. Catbas, M. Malekzadeh and I.-B. Kwon
  • “Reliability prediction based on family of models.” H.B. Gokce, F.N. Catbas, and D.M. Frangopol
  • “Structural health monitoring and damage detection using AdaBoost technique.” H. Hattori, M. Gul , F. N. Catbas, and H. Furuta
  • “A bridge damage detection approach using vehicle-bridge interaction analysis and neural network technique.” H. Hattori, X. He, F.N. Catbas, H. Furuta, and M. Kawatani
  • “Development of a bridge damage detection approach using vehicle-bridge interaction analysis and soft computing methods.” X. He, F. N. Catbas, H. Hattori, H. Furuta, M. Kawatani, T. Hayashikawa, and T. Matsumoto
  • “Baseline-less structural health monitoring system based on recurrence quantification analysis.” Y. Nomura, T. Kusaka, D. Morimoto, and H. Furuta
  • “Application of OBR fiber optic technology in the structural health monitoring of the Can Fatjo Viaduct (Cerdanyola del Valles – Spain).” V. Villalba, S. Villalba, and J.R. Casas

〔その他,プロジェクト外からの発表21件〕

【成果公開】日本学術会議 安全工学シンポジウム2012 において「建設現場における安全管理と情報」に関する企画セッションを開催

日本学術会議 安全工学シンポジウム2012(オーガナイズド・セッション)

  • 開催日: 2012年7月5日(東京,日本学術会議)
  • テーマ: 建設現場における安全管理と情報
  • オーガナイザ:広兼道幸(関西大学),大幢勝利(労働安全衛生総合研究所)

発表論文

  • 「死傷病災害データベースに基づく建設業の墜落災害要因の傾向分析」大幢勝利,北條哲男
  • 「AR技術を用いた現場における安全管理情報の共有化システムの構築」広兼道幸,田邊隼一,大幢勝利

〔その他,プロジェクト外からの発表5件〕

【成果公開】APSSRA2012 において Soft Computing Approach to Risk Management and Safety Problems に関する企画セッションを開催

Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Applications(APSSRA2012)(オーガナイズド・セッション)

  • 開催日: 2012年5月25日(シンガポール,Furama Riverfront Hotel)
  • テーマ: Soft Computing Approach to Risk Management and Safety Problems
  • オーガナイザ:古田 均,林 勲,広兼道幸(関西大学)

発表論文

  • “Quantitative Evaluation of Walking Disability using Singular Value Decomposition,” Yinlai Jiang, Isao Hayashi and Shuoyu Wang
  • “Application of AR based Manual to Prevention of Human Error,” Ryosuke Tokui and Michiyuki Hirokane
  • “Reliability Analysis using Evilutionary Algorithm and Importance Sampling,” Koichiro Nakatsu,Hitoshi Furuta,Ysutoshi Nomura,Kyosuke Takahashi,Ken Ishibashi and Takuya Kondo

〔その他,プロジェクト外からの発表3件〕

【成果公開】状況に応じた説明提示が可能な洪水ハザードマップアプリ「どこでもハザードマップ」を公開

避難施設や危険区域に関する地理データについて大阪府高槻市より提供を受け,高槻市の土砂・洪水ハザードマップの内容を所在地や周辺の状況に応じた(コンテクストアウエアな)説明提示が可能な地理情報システムとして試作しました.このハザードマップアプリ「どこでもハザードマップ」はGoogle Maps上で実現され,タブレット端末(iPadなど)でも利用できます.そのため,GPS機能によって検知された現在地に応じて避難に関する説明を提示することができます.このアプリは昨年(2011年)11月に開催された高槻市防災フェスティバルに出展され,大人から子どもまで多くの方々に体験いただき好評を得ました.その後,使いやすさについての評価検討を行い,改良を重ねたものを今回インターネットで一般公開しました.